雪の山小屋で



今年、奥多摩のある避難小屋へ泊まった。

雪景色が綺麗でそれで、楽しくてどんどん歩いて行った。
考えていたより遠くへ歩いて来てしまったなあ

薄暗くなるあたりを見ながらホルブスに火をつけた
いつものレトルトカレーだけどすごくおいしく感じられた。


風は止まって月明りに照らされた山肌はとても綺麗だった。
満ち足りた思いで寝袋にくるまった。


朝になると、それは底冷えがして寒かった。でも寂しいとは思わなかった。

ほどなく品の良さそうな、大きな望遠レンズをつけたカメラを携えた男の方が山小屋に入って
来られた。その朝日の眩しさに目を完全に覚ました。


おはようございます、すみません起こしてしまいましたねと言った。
いいえいいんです。もう起きないと。

また雪が降ったみたいですね。
ええとても寒かったですよ・・・・       そのあと少々の雑談を交わした


あ、ところで 
その男の方が言った。トイレですか?私が登って来たとき女の方が小屋から
丁度出て行かれましたが・・・・

私は、いいえこの避難小屋には私ひとりで泊まっていましたが・・・・と答えて
はっと我に返った

男の方も表情を曇らせた。


この夜はとても楽しい気持ちでこの避難小屋にいた。
この男の方がとても私をからかっているとは思えなかった。

あとでひろしに話すとその小屋よくそんな噂がたつとこだよと青い顔をしていた。


私は誰かといたのかもしれないし、ひとりだったのかもしれない。


足あとをと思ったけどしんしんと降る、ぼたん雪がすべてをかくしていた。


c0027404_0281334.jpg

[PR]
# by somancyu | 2006-04-27 00:28 | 考えること

アルプスにいだかれて

c0027404_20395230.jpg





昨日の深夜、安部奥の南アルプスの、ぼろっちい避難小屋で寝袋にくるまりながら、
いつものひろしと屋根から落ちる雨粒の音を聞いていた。

なんでこんな寒い日に来ちゃったんだろうなーと、ひろしはブツブツ言いながら
寸又峡という地酒をじゅるじゅるすすっている。


確かに登山道は雨模様だった・・・誰にも逢わなかった。
でも雨に濡れた山桜やコバルトを含んだ渓の水はますます
さくらいろとあおいろを増して綺麗にみえた。


いつも暗い山小屋で思うのは
自分の前で亡くなっていった患者さん達のこと

先週も自分の夜勤のときに3人が亡くなった。でもみんな安らかな顔をしていた・・・

20代のときに、不安だからと私に何度も抱きついたひとのことが
頭に浮かんでは消えた。膠原病だった。
そのひとの死に顔もとても綺麗だったな・・・

雨はよけいにその強さを増している、明日の温泉はきっと暖かいだろう。

新緑を吹いた木々はとても力強く菜種梅雨を受け止めていた。
[PR]
# by somancyu | 2006-04-11 21:08 | 考えること

いつまで

c0027404_10344733.jpg


このいばらの道をいつまでいっしょに歩いて行けるかな?

その道が困難になればこそ

自分の真価が問われる・・・

そんな気がしています。
[PR]
# by somancyu | 2005-11-05 10:37

雨のなか・・・


雨のなか

車の中から 携帯電話で話しながら 歩く 女性の

うしろすがたを 何気なく見ていた


早歩きの 彼女の その歩みが

急に

ゆっくりになった その人にとって 重要な 話題に さしかかったのか?

そのあと 少し 立ち止まり また早足で歩き出した

わたしは 鉛色の空を少し見上げてみた


声を掛けようか 少し 悩んだけど

顔を見合わせる意義がみつからなくて・・・


そんな 別れだった

c0027404_23152894.jpg

[PR]
# by somancyu | 2005-10-05 23:16 | 考えること

プレゼント


私が今の救命センターに入職したときに

仕事を厳しく教えてもらった看護婦さんが心筋梗塞で入院した。

この看護婦さんはとても高山植物が好きで、
時々写真を撮りにいっしょに出かけたりしていた。

もういっしょに山に行くことはないのかもしれない。


そのあと この看護婦さんが現場に復帰したときに好きな
コマクサの写真をプレゼントした。

高山の雪もつくことができない、養分もない風の強い砂礫地で
種から花をつけるまで15年、盗掘の危機といくつもの試練に打ち勝たなければ
決して花をつけることはできない。

そんな姿が何かオーバーラップした。



八ヶ岳の根石岳で私が撮った写真です。

c0027404_2272530.jpg



今年もたくさん綺麗に咲いていた。


このメッセージは看護婦さんに届いたみたいです。

渡したときのあーという言葉が何か、はにかんでいた。
[PR]
# by somancyu | 2005-07-30 22:12 | 考えること

風鈴

c0027404_21555122.jpg



   風鈴

暑い日が続いて

軒下に風鈴をつるしてみた 温度が下がったわけではないけど
少し心地よく 涼しくなったような気がした

不思議

自分も風鈴のように
なりたいと思った


ふと・・・
[PR]
# by somancyu | 2005-07-11 22:00 | 考えること

リカバリ


大事にしていた、パソコンがトロイの木馬に侵されてフリーズした。

何一つバックアップを取っていなかった、あっぱれな私は

パソコンに入っていたすべてのデータとメルアドとデジカメの写真を失った。



看護学会の発表スライドも

透析患者の過去5年間の血液データも

幼なじみのメルアドも、ネットで知り合った素敵な人のメルアドも

ダイビングで撮ったロタ島の海がめの水中写真も

死んだあの人が好きだったキタダケソウの写真も

ひろしと行った南アルプスの歩行記録も

なにもかも

ひどく周りのひとに責められた




でも
でも  何故か 気持ちはそれほど沈んでいない


思い出はまた作っていけばいいかな データはまた集めればいいかな

嫌なこともいっしょにリカバリされたみたいで


むしろ、すごく爽やかな気持ちで 

いまここにいる
[PR]
# by somancyu | 2005-06-29 14:01 | 考えること

書くこと


何かを書くことによって

一時、気持ちが晴れるような気がした。

でもそれはメンタルにとっては何の根本的な解決にもならない そう思ってBLOGは止めた。

でも、日常には切ないことが多すぎて・・・


今日、ICUに男の方が入室した。
くも膜下出血で2時間と持たず亡くなった。

自分の店を持って、夢を携えた再出発の直後だったらしい。

霊安室に横たわる その方としばし いっしょにいて
その無念だろうけど、涼しげな死に顔を見ながら
娘さんの口惜しい思いのたけにじっと耳を傾けていた・・・


今夜のお酒は
やっぱり、いつにも増して苦く感じる


言葉に、文字にして
私はまた自分の気持ちを整理できないけど、整理しようともがいてる。
[PR]
# by somancyu | 2005-06-25 00:50 | 考えること

お久しぶりです

c0027404_2332519.jpg



おひさしぶりです。naviです。

何も言わずに、いなくなってすみませんでした。
皆さんの毎日の記事はROMしておりましたが・・・
そして、私に呼びかけるスレッドが2つもできて少しあせってしまいました。

上の写真はひろしと冬山登山に行ったときのものでかっこいいひろしです。
23日の春一番が吹いた日です。思ったより暖かかったですけど。

寒い冬ですが、いつも綺麗な山の表情を私たちに見せてくれます。
冬には冬の素晴らしさが満ち溢れていますね。

c0027404_23421368.jpg


でもやっぱりウラハラに
寒い冬だからこそ暖かい夏を思い出して求めてしまいます。
上の絵は夏に行った槍ヶ岳を想って書いた絵です。
あまり大写しにしてしまうと下手なのが強調されてしまいますね。まあいいか

寒い冬には暖かい夏を
暑い夏には涼しい冬を
いつもいつも、ないものねだりで自分の心には際限がありませんね。


そして
私は今もやっぱり自分の闇から抜け出せないでいます・・・


私には10年以上に渡って交流を続けている患者さんが2人います。

1人は脳梗塞で植物状態になった旦那さんを支える奥さん
もう1人は筋肉の難病でいつ呼吸停止するかもわからない女性
この方は右手以外の手足は麻痺で動きません。

自分が初めて愛した彼女が
『足がなくてもいい、手がなくてもいい、醜くてもいい、ただ生きていたい』
と言い残してセカチュウのドラマみたいに亡くなったあと
そのときはその言葉たちがどんな意味を持っていたのか理解できなかったけど
今はやっぱり人は生きることにこだわりを持たなければならないと
上に書いた患者さんにどんな方法でもいい生きて欲しいと訴えてみました。
初めてエゴイスティックに・・・

naviさんは甘い

死ぬよりも生きているからこその地獄もあるんだと打ち負かされてしまいました。
私にはわからない悲しみ・・・
それをわかったかのように支えることが出来るのだろうか?
患者さんの前ではいつも強い前向きな看護師を装っています。

でも本当の自分は救急センターに次から次へと運び込まれる患者さんの悲しみを
受容できない情けなーい男です。心が整理できません。器が小さいのです。

そんないろいろな自分をBLOGは整合させてくれるかのように思えました。
色々な事柄を記事にすることで反芻して昇華できるように思えました。

そして何より素晴らしいコメントをくれる、自分がコメントをしたいと思える事柄を
書いていらっしゃる方に多く出逢う事ができました。
とても素敵でうれしいことでした。

でも 心の渇きは少しも癒えませんでした。
そんなことは求めるべきことではなかったのかも知れません。
そしてそんな渇きはむしろ強くなるばかりでした。
それに自分が押しつぶされそうになってしまいました。

先ほど書いた患者さんは、本当の闇の中にいます
その患者さんをなりふり構わず押し上げるだけの全てを振り払う強さを
身に付けたいと思いました。その術を考えていきたいと思いました。
自分がここに書く自分の闇なんて小さすぎておこがましいことはよくわかっています。
そしてそれが有用な手段でないこともよくわかっています。

でも切なくて切なくて仕方がないんです。



カナコさん
あなたにコメントを寄せたことは自分の誇りです。
毎日のBLOGから
充実した輝いている姿がすごく伝わってきます。
あなたの安泰な日々が見えるようです。


さくらさん
あなたの私への記事を見てまたマウスをとってしまいました。
さくらさんの研ぎ澄まされた感覚が触って欲しいところと欲しくないところを
見透かしたように響いて迫ってきます。
あなたの私に向けた記事を見て心を動かされない人がいようはずがありません。

何も書かずにフェードアウトした方がいいと思っていました。
でも
はっきりと自分の気持ちを書いたほうが良いのかも?とも思い始めました。


それより何より
少し体調がすぐれないみたいですね心配です。


ここにこの記事を書くことが
私を気にしてくださる方にとってと私にとって
良いことなのか悪いことなのかはよくわかりません。

でもBLOGで会話をしてくださった方にお礼は言わなければと思います。

本当にありがとうございました。
とても楽しかったです。

本当にありがとうございました。



そして

さようなら
[PR]
# by somancyu | 2005-02-25 01:36 | 考えること