<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

世間は狭い


集中治療室のスタッフ間で、綺麗な女性がお父さんのお見舞いに来ると噂になっていた・・

いそがしく病院の廊下を歩いていると

待合室の椅子に座った女性にNAVIさんですよねと声をかけられた。

私    あ、はいそうです。
      振り返るとそこにその綺麗な女性が座っていた。

女性   以前にはとてもお世話になりました。

私    ・・・・

10年以上前に薬物中毒で瀕死の女性が運び込まれた。
その方は集中治療室で確か3日間混迷状態をさまよったあと、徐々に回復した。

血気にはやる私は長々と、生きたくても生きられない人がいるのになんてことをするんだと
説教をした。すると彼女にツバを吐きかけられてもみあいになった。

その後は怒る家族と、婦長のはざまで大変でした。
自業自得ですけど査問はとてもつらかった。


女性   お元気ですか、まだいたんですね

私     はい、元気だけがとりえですから。

女性   私ね、あれから変わったんですよ。
      もし良かったら、おにぎりをどうぞ 私が作ったんです。
      親戚のために作ったんですけど、来ないみたいなんで。
      
  あなたには家族皆がお世話になりますねと言っている。


ただの不良少女が女性は変わろうと思えば変われるんだなーと妙に思わされた。
あーなになに知り合いなの?と研修医の先生は大騒ぎをしていた。
隅におけないねーなんて皆、猜疑の眼差しを向けている。


心の中で何回も、私変わったんですよと言ってみた。
そんなこと鈍感な私にもよくわかりますよ。

いい塩梅で炊けた竹の子のおにぎりがそれをよくあらわしていた。
[PR]
by somancyu | 2006-05-07 22:17 | 考えること