アルプスにいだかれて

c0027404_20395230.jpg





昨日の深夜、安部奥の南アルプスの、ぼろっちい避難小屋で寝袋にくるまりながら、
いつものひろしと屋根から落ちる雨粒の音を聞いていた。

なんでこんな寒い日に来ちゃったんだろうなーと、ひろしはブツブツ言いながら
寸又峡という地酒をじゅるじゅるすすっている。


確かに登山道は雨模様だった・・・誰にも逢わなかった。
でも雨に濡れた山桜やコバルトを含んだ渓の水はますます
さくらいろとあおいろを増して綺麗にみえた。


いつも暗い山小屋で思うのは
自分の前で亡くなっていった患者さん達のこと

先週も自分の夜勤のときに3人が亡くなった。でもみんな安らかな顔をしていた・・・

20代のときに、不安だからと私に何度も抱きついたひとのことが
頭に浮かんでは消えた。膠原病だった。
そのひとの死に顔もとても綺麗だったな・・・

雨はよけいにその強さを増している、明日の温泉はきっと暖かいだろう。

新緑を吹いた木々はとても力強く菜種梅雨を受け止めていた。
[PR]
by somancyu | 2006-04-11 21:08 | 考えること
<< 雪の山小屋で いつまで >>